耳栓を利用

いびきをかくと、ぐっすり眠れずに疲れがとれなかったり、悪化すると無呼吸を引き起こす可能性もある厄介なものです。

しかし、さらに厄介なことは、自分だけでなく一緒に寝る家族に対しても、迷惑をかけてしまうということです。

大きないびきの場合だと、目覚まし時計の音、ブルドーザーに匹敵するくらいの音になるそうです。

この爆音を一晩中聞かされる家族にとっては、これは深刻な問題です。眠れずに睡眠障害になってしまったり、この問題により、家族同士の関係が悪くなることもあるようです。

ここでは、ちょっと視点を変えて、いびきをかかないための対策ではなく、いびきをかくご家族に悩んでいる方の対策について考えてみたいと思います。

そこでおすすめしたいのが、「耳栓」です。

 

耳栓の種類

耳栓の種類

今、実に色々なタイプの耳栓が販売されています。

その中でも代表的なタイプの耳栓をご紹介したいと思います。

 

スポンジタイプの耳栓

一般的な耳栓です。ウレタンや弾性発砲ポリーマーなどで作られているのですが、これは低反発マットなどに使われている素材です。

柔らかい素材ですが、フィット感に優れているようです。

睡眠中など、長時間使用することに適したタイプの耳栓のようです。

 

フランジタイプの耳栓

フランジ(ひれ)が付いている形の耳栓です。

エラストマーやシリコンで作られています。形がしっかりとしていて、耐水性もあり水洗いすることもできます。

硬い素材なので、長時間つけているのには適していないようです。

水泳などの時に使用する方が多いようです。遮音性はそれほど高くないようです。

 

シリコン粘土タイプの耳栓

耳の形に合わせて変形させることができる耳栓です。

耳栓というと、耳穴に入れて使うイメージがありますが、このタイプの耳栓はちょっと違います。

耳穴には入れずに、耳穴周辺をシリコン粘土で覆うことにより、騒音を遮断します。

耳穴に異物が入る違和感がないので、長時間つけていても負担がないと人気の耳栓です。

遮音性は低いですが、長時間つけやすいので睡眠中にも適しているようです。

 

耳栓を選ぶ時のポイント

ポイント

耳栓を選ぶ時には、耳栓の重要な役割である遮音性を考えて選びましょう。

騒音を何デシベル下げることができるのかを示すNRRという数値があります。耳栓にはこのNRRという数値がついています。

この数値が大きいほど、耳栓の遮音性が高いということになります。

また、つけ心地が良いことも重要です。睡眠中につけるものなので、付け心地が良いことが一番重要です。

また、きちんと耳にフィットしていないと、どんなに遮音性があっても、隙間から音が漏れてしまうことになります。

大きさ、素材などを確認して、自分に合ったつけ心地のものを選びましょう。

さらに、最近は、カラフルな耳栓やおしゃれな耳栓、スタイリッシュな耳栓など、デザインも豊富になってきています。ぜひ、自分好みの耳栓を探してみてください。

 

以上、いびきの音をシャットアウトするための、耳栓についてご紹介してきました。いびきの騒音は、毎晩聞かされる家族にとって、この上ない苦痛です。

もちろんいびきをかいている本人がいびきケアをすることが大切ですが、すぐに効果がでることは少ないので、すぐにいびきの騒音が消えることは難しいようです。

そんな時には、ぜひ素敵な耳栓を見つけて、活用してみてください。

 

 

いびきサプリメント

いびきケアサプリメント3選

いびきケアサプリメントはいびき防止グッズやトレーニングといった面倒な事をしなくても良い所が魅力の一つ。その魅力も有り今ではサプリメントが大人気。ただ数あるいサプリどれを選べばよいかわからないといった方の為に当サイトが厳選した3つ紹介中。