体操や運動

いびきをかかないようにする方法について調べていく中で、「体操をする」という対策法があることがわかりました。

特に専用の対策グッズを使うわけでもないので、今すぐに実践することができますよ。

どのような体操なのかご紹介したいと思います。

 

舌体操

舌体操

いびきの原因の一つとして、舌の根元の筋肉が緩むことにより、舌が落ち込んでしまい気道を塞いでしまうということがあります。

このことを解消するために、舌の筋肉を鍛える方法があるそうです。

誰でもできるような簡単な体操なので、ぜひマスターしてみてくださいね。

 

  • 舌を出す

舌をベーっと出します。10秒間力いっぱい前に出しましょう。

舌の根元の筋肉が前に引っ張られることにより、根元の筋肉が鍛えられるそうです。

 

  • 舌を上あごに吸い付くように当てて閉じる

まず、舌を上あごに吸い付くように当てます。それから口を閉じて10秒間、その状態を保ちます。

唾を飲み込んだ後の状態をイメージすると良いそうです。舌の根元の筋肉が上に押し上げられることによって、鍛えられるそうです。

 

  • 口を閉じて、手で顎を押す

次に、しっかりと口を閉じた状態にします。手をグーにして顎を押します。この状態を10秒間保ちます。

これにより舌の周りの筋肉が鍛えられて口が開かないようになるそうです。

舌の位置も安定しやすくなります。口呼吸や舌が落ち込むことを防いでくれる効果があるそうです。

以上の3ステップを1セットとして、5セットを1日3回すると良いそうです。

たったこれだけの体操で、いびきに嬉しい効果が期待できるようです。

テレビをやパソコンを見ながら、家事の合間などにも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ヨガ

ヨガ

いびき対策として、ヨガが効果的であることをご存知でしょうか。

その理由の1つは、鼻呼吸です。ヨガの呼吸法である鼻呼吸をマスターすることにより、いびきの原因である口呼吸を防ぐことができるのです。

鼻呼吸は、鼻から息を吸って、鼻から息を吐くことです。

口呼吸が癖になっている方などは、この呼吸法を意識的に取り入れることにより、いびきが解消されるようです。

もう1つの理由は、ヨガのポーズにより首の筋肉が鍛えられることです。

睡眠中に首の筋肉が緩むことにより気道が狭くなり、いびきを引き起こすとされています。

首の筋肉を鍛えることで空気の通り道が確保されて、いびき防止につながるようです。

具体的にご紹介しましょう。真っ直ぐ立った状態から、片足と片手に重心をかけて反対側の足を上げます。

あごを引いて首に力が入っている状態でキープします。

そして、その状態で20秒ほどキープします。反対側も同じように行います。

これにより首の筋肉が鍛えられるそうです。ヨガでは、「半月のポーズ」と呼ぶそうです。

 

睡眠前のストレッチ運動

ストレッチ運動

いびきの大きな原因として肥満があります。

肥満解消のために、ジョギングをしたり、ジムに通ったりすることは効果的ですが、そのような時間や余裕がない方の場合には、適度なストレッチ体操をするだけでも、効果があるようです。

特にお風呂上りに行うと良いでしょう。肥満解消に効果的ですし、寝る前にストレッチをすることで血行が良くなり、自然と心地よい眠りに入りやすいという効果もあります。

 

以上、いびきをかかないための体操についてご紹介してきました。

どれも簡単な体操ですが、いびきケア効果が期待できるようです。

専用グッズを買うなどの手間も費用もかかりません。ぜひ、実践してみてくださいね。

 

 

いびきサプリメント

いびきケアサプリメント3選

いびきケアサプリメントはいびき防止グッズやトレーニングといった面倒な事をしなくても良い所が魅力の一つ。その魅力も有り今ではサプリメントが大人気。ただ数あるいサプリどれを選べばよいかわからないといった方の為に当サイトが厳選した3つ紹介中。