無呼吸症候群の原因

いびきの症状が進行すると、睡眠時無呼吸症候群という病気になってしまいます。

いびきは睡眠中のことであり無意識なので、気づかないうちに、睡眠時無呼吸症候群になってしまっていたということも多いようです。

この病気は、睡眠の質を下げ、日常生活に悪影響を及ぼす他、様々な深刻な病気を誘発する恐れもあります。

また、睡眠時無呼吸症候群は、一度なってしまうと完治することは難しいと言われています。

症状を抑えるための治療を続けなくてはならないのです。

このような状態になる前に、きちんといびきケアをすることが大切です。

そこで、ここでは睡眠時無呼吸症候群になる原因を考えてみたいと思います。

その原因を知ることにより、予防や悪化を防いでいきましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群になりやすい方は?

睡眠時無呼吸症候群になりやすい

以下のような方は、注意が必要です。複数当てはまっている場合には、ご家族などに、睡眠中のいびきを観察してもらうと良いでしょう。

  • 太っている方
  • あごや首回りに脂肪がついている方
  • 扁桃が肥大している方
  • アレルギーなどで鼻がつまりやすい方
  • あごが小さい方

 

睡眠時無呼吸症候群の原因は?

医師説明

大きく2つのタイプに分けられます。

 

閉寒性睡眠時無呼吸タイプ

これは、上気道が何らかの原因で狭くなることにより、呼吸が止まってしまうということです。

睡眠時無呼吸症候群の方のほとんどがこの原因によるものです。

上気道が狭くなる原因としては、以下のようなことが挙げられます。

 

  • 首回りの脂肪

肥満や体質により、首回りに脂肪がついていると、気道を狭くしてしまうことが多いようです。

 

  • 扁桃の肥大

また扁桃が大きい場合にも気道を塞いでしまう傾向があります。

 

  • 扁鼻づまり

鼻がつまっていると口呼吸をしてしまいます。これにより空気抵抗が大きくなり、気道を塞ぐ形になってしまいます。

 

  • あごが小さい

あごが小さい方も注意が必要です。

睡眠中に、舌が顎の中に収まらない状況になります。

そして、舌が喉の奥に落ち込みやすくなり、気道を塞いでしまうのです。

 

中枢性睡眠時過呼吸タイプ

これば、呼吸中枢の異常によるものとされています。

これは非常にまれなケースで、睡眠時無呼吸症候群の方の中でもこれが原因の方は、数パーセントなんだそうです。

胸や胸郭、呼吸筋、末梢神経に異常はないのに、脳から呼吸指令がこないことにより、無呼吸が引き起こされるようです。

 

以上、睡眠時無呼吸症候群の原因について見てきました。

これは一度重症化してしまうと、完治することが難しいとされている病気です。

症状をコントロールさせながら、ずっと付き合っていかなければならないようです。

そのような状態になる前に、的確ないびきケアをして、悪化を防いでいきたいですね。

また、自覚症状がない方の場合でも、一度ご家族の方に観察してみてもらうと良いでしょう。

早期発見はとても大切なようです。

 

 

いびきサプリメント

いびきケアサプリメント3選

いびきケアサプリメントはいびき防止グッズやトレーニングといった面倒な事をしなくても良い所が魅力の一つ。その魅力も有り今ではサプリメントが大人気。ただ数あるいサプリどれを選べばよいかわからないといった方の為に当サイトが厳選した3つ紹介中。