更年期いびきの確立は高い

50代になって、はじめて夫からいびきを指摘されたという女性の方が意外と多いようです。

これは、女性の更年期が原因になっているようなのです。

女性にとって、いびきはとても恥ずかしいものです。50代になっても60代になっても、その恥じらいの気持ちは変わりません。またいびきは、自分自身にも悪い影響を及ぼすものです。

もし、いびきをかきはじめてしまったら、すぐに対処したいですよね。

ここでは、女性の更年期といびきの関係についてご紹介したいと思います。

 

更年期とは

更年期

更年期とは、閉経の前後10年間のことです。

個人差があるものですが、一般的には45歳~55歳の期間が、更年期と言われています。

女性ホルモンの減少により、様々な体の変化が引き起こされます。

 

エストロゲンの減少

女性ホルモンの一つにエストロゲンがあります。

これは閉経を期に減少してくるのですが、これにより、内臓に脂肪がつきやすくなると言われています。

今までと変わらない生活習慣を続けていると、自然と肥満体型になっていくようです。

そして、喉の周りや舌にも脂肪がつきやすくなります。

喉周りに脂肪がつくと、空気の通り道である上気道を狭くしてしまいます。

また、舌に脂肪がつくと気道を塞ぎやすくなり、いびきをかきやすくなるようです。

 

プロゲステロンの減少

女性ホルモンの一つであるプロゲステロンには、上気道開大筋の筋活動を高める働きがあるそうです。

つまり、筋肉が緩むことなく、しっかりと空気の通り道を確保してくれるので、睡眠中にスムーズに空気が通り、いびきをかくことがないのです。

このプロゲステロンの働きのおかげで、男性よりも、女性のほうがいびきをかく人が少なかったのです。

しかし、プロゲステロンも閉経を期に減少してきます。

これにより、いびきをかきやすくなると言われています。

 

更年期が原因のいびきの対策は?

サプリメント

女性にとって更年期が避けられないものです。

これにより色々な症状に悩まされることになるのですが、いびきもその一つのようです。

いびきは、睡眠の質を悪くすることはもちろん、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす恐れもあります。

もし、いびきの症状が出始めた時には、的確な方法でケアしていく必要があります。

 

即効性のあるいびき対策方法

今すぐいびきを治したい、今夜は静かに眠りたいなどという場合に効果があるのが、即効性のあるいびき対策グッズです。

鼻腔拡張テープやマウスピース、口止めテープなどは、つけた夜から効果が出ることもあるようです。

 

長期的に行ういびき対策方法

その場しのぎではなく、根本からいびきを治していきたいという方におすすめなのが、いびきケア用のサプリメントです。

いびきを治したいけれど、鼻腔拡張テープやマウスピースなどは、つけるのが面倒、煩わしい、恥ずかしいという方にもおすすめです。

簡単の飲むことができて、嬉しい効果が期待できるようです。

いびきの原因をしっかりと考えて作られたサプリメントなので、長期的にいびきを治したい方は、ぜひ試してみてください。

 

以上、いびきと更年期の関係について見てきました。

女性にとって更年期とは体にも心にも色々な変化が見られる、大変な時期です。

その中の一つの症状として、いびきも含まれているようです。

いびきは的確にケアをすれば軽減することができるものです。

ぜひ、更年期を乗り切るためにも、色々な方法を試してみてください。

 

 

いびきサプリメント

いびきケアサプリメント3選

いびきケアサプリメントはいびき防止グッズやトレーニングといった面倒な事をしなくても良い所が魅力の一つ。その魅力も有り今ではサプリメントが大人気。ただ数あるいサプリどれを選べばよいかわからないといった方の為に当サイトが厳選した3つ紹介中。