舌が大きい

舌が大きいことが、いびきの原因になることをご存知でしょうか。

普段、自分の舌の大きさを意識することはあまりないので、ピンとこない方もいらっしゃると思います。

この舌の大きさといびきの関係について考えてみたいと思います。

 

なぜ、舌が大きいといびきの原因になるの?

舌が大きいといびきの原因

舌が大きいといびきをかきやすいということは、事実のようです。舌が大きいと、気道を塞ぎやすくしてしまい、いびきが引き起こされるようです。

舌が大きいと、重みも増してくるので、仰向けの体勢で寝ると、重力で舌が気道を塞いでしまう危険性もあるそうです。

 

舌が大きい人の特徴とは?

医師の説明

自分の舌が大きいのか小さいのか、判断するのは難しいですよね。舌が大きい人の特徴をまとめてみましょう。

  • 舌に厚みがある
  • 口を開けたときに、口蓋垂(のどちんこ)が見えにくい
  • 舌に歯型がつくことがある

以上の特徴が当てはまる方は、舌が大きいと言えるようです。

しっかり自分の舌を鏡で見て観察してみてください。

 

舌が大きい原因は

舌が大きい原因

遺伝や生まれつきの体質という方もいるようです。生まれつき、通常生活が困難なほど舌が肥大している場合には、子どもの頃に外科的手術を行うケースもあるようですが、極めて少ないそうです。

舌が大きい方のほとんどが、肥満によるものと言われています。

全身に脂肪がつくことと同じように、舌にも脂肪がついてしまうようです。

 

舌の肥大によるいびきの対策は?

横向きで寝る

肥満により舌がどんどん肥大していくと、気道を狭くしていびきを引き起こすだけではなく、気道を完全に塞いでしまい、無呼吸になる危険性も出てきます。

とにかく軽やかな体作りをすることが最善策と言えます。適度な運動や健康的な食生活を心掛けて、体重を減らす努力をしましょう。

また、生まれつき舌が大きい方の場合には、横向きで寝ることを心掛けると良いでしょう。

重い舌が重力により気道を塞いでしまわないように、横向き寝をすることは、とても効果的です。

以下のような方法がおすすめです。

 

  • 横向き寝サポート枕

横向き寝をサポートしてくれる枕があります。自然と横向きの状態にしてくれるのでおすすめです。

 

  • 枕の片方にタオルを入れる

体が斜めになるように、枕のどちらか片方のタオルを入れて、枕を斜めにします。気道が塞がらないようにサポートしてくれます。

 

  • 抱き枕を使う

抱き枕を抱くことにより、横向き寝の姿勢が楽になります。また、腰痛や肩こりにも効果があるようです。

 

以上、舌が大きい人がいびきをかきやすいということを見てきました。

生まれつき舌が大きい人もいるようです。しかし、肥満により舌が肥大しているケースのほうが圧倒的に多いそうです。

まずは、肥満対策をすることが最善と言えるでしょう。

肥満はいびきだけではなく、色々な面で悪影響を起こしてしまいます。生活習慣を見直してみると良さそうですね。

 

 

いびきサプリメント

いびきケアサプリメント3選

いびきケアサプリメントはいびき防止グッズやトレーニングといった面倒な事をしなくても良い所が魅力の一つ。その魅力も有り今ではサプリメントが大人気。ただ数あるいサプリどれを選べばよいかわからないといった方の為に当サイトが厳選した3つ紹介中。