いびきの原因に加齢も?

いびきをかいている人をイメージした時に、若い方よりも年配の方が頭に浮かぶと思います。

また、若い頃にはいびきなんてかいたことがなかったのに、年をとってからいびきを指摘されるようになった、という方も多いようです。

いびきと年齢は関係があるのでしょうか。

この疑問について考えてみたいと思います。

 

なぜ、加齢がいびきの原因になるの?

医師の説明

年をとると体が老化していきます。

その中で、筋肉が緩んでいくという老化現象があります。

人間の成長期の頂点は25歳前後と言われています。

筋力についても30歳過ぎた頃から徐々に衰え始め、40代~50代になると、さらに筋肉の衰えていくスピードが増していくと言われています。

この筋肉の緩みが、いびきの原因になるようです。

全身の筋肉の緩みに伴い、空気の通り道である上気道の筋肉も緩んできます。

そうすると、空気の通り道が狭くなってしまい、空気抵抗が大きくなるのです。

これにより、いびきが発生すると言われています。

 

女性は更年期以降、いびきが増える傾向に

女性は更年期

女性のいびきの原因として、女性ホルモンの減少があるそうです。

女性ホルモンは、空気の通り道である上気道を支える筋肉の働きをサポートしてくれています。

これにより、女性は男性よりもいびきをかく方が少ないのですが、更年期を迎えると、女性ホルモンの分泌量が急に減っていきます。

そして、上気道と支える力が弱くなるようです。これにより、加齢によるいびき同様に、空気の通り道を塞いでしまい、空気抵抗が大きくなることで、いびきが引き起こされるようです。

 

加齢による睡眠トラブルとは?

いびきのメカニズムから考えると、加齢が原因でいびきをかく方が多くなるのは事実のようです。

さらに、年をとると、いびき以外にも色々な睡眠トラブルが発生するようです。

眠りが浅くなったり、長時間眠れなくなったり、夜中に何度も起きてしまう、などという症状が多くなるのです。

その原因は、年をとると、体を成長させる必要がなくなるために、睡眠量も減少するということなんだそうです。

体を成長させるためには、深い眠りであるノンレム睡眠が必要になります。

子供が朝までぐっすり眠っているのは、骨や筋肉を成長させるためにこのノンレム睡眠をしているからと言われています。

逆に高齢になると、体を成長させる必要がなくなるため、ノンレム睡眠が不要となり、眠りが浅くなるようです。

睡眠を持続することが難しくなり、睡眠が途切れがちになったり、朝早く目が覚めてしまうなどの睡眠トラブルが多くなるようです。

 

睡眠の質を上げるための対策は?

睡眠の質を上げる

年をとるにつれて、睡眠力が弱くなり、またいびきも増えてくるようです。

このような状態では、睡眠の質はどんどん悪くなってしまい、昼間に生活にまで支障が出るようになってしまいます。

老化現象を止めることは難しいですが、少しでも良い睡眠をするための対処法があります。

 

  • 適度な運動をする

人間は、夜に体温が下がる時に眠気を感じるそうです。

そして体温低下の幅が大きい程眠気が強くなる傾向があるようです。

運動をすることにより、体温が上昇します。

そうすると体は睡眠中にその熱を放出しようとして体温が低下します。これにより、寝つきがよくなると言われています。

昼間に適度な運動をすることは、良い眠りをサポートしてくれるようです。

 

  • いびき対策グッズを使う

いびきによる睡眠トラブルを防ぐために、色々ないびき対策グッズを使ってみるのも良いでしょう。

マウスピースや鼻腔拡張テープは、即効性のあるいびきケアグッズのようです。

 

  • いびきケアのサプリメントを飲む

長期的にいびきを根本的からケアしてくれるサプリメントがあるのをご存知でしょうか。

簡単にサプリメントを飲むだけで、いびきに対して嬉しい効果が期待できると、注目されているようです。

 

以上、いびきと加齢の関係について見てきました。

加齢により、いびきが引き起こされることは実際に多いようです。

また、年をとるにつれて、いびき以外にも色々な睡眠トラブルに悩まされるようです。

上質な睡眠を手に入れるために、色々なケア方法を試してみてください。

 

 

いびきサプリメント

いびきケアサプリメント3選

いびきケアサプリメントはいびき防止グッズやトレーニングといった面倒な事をしなくても良い所が魅力の一つ。その魅力も有り今ではサプリメントが大人気。ただ数あるいサプリどれを選べばよいかわからないといった方の為に当サイトが厳選した3つ紹介中。