肥満

太った人の方が、いびきをかきやすいということをご存知でしょうか。

スリムな体だった若い頃は、いびきなんてかいたことがなかったのに、中年になり太ってきたら、いつの間にかいびきをかくようになったという方は多いようです。

なぜ、肥満がいびきを引き起こすのでしょうか。

 

日本人の肥満率

率

厚生労働省が毎年行っている「国民健康・栄養調査報告」による肥満の割合は、男性が28.4%、女性は18.7%となっています。

年代別に見てみると、男性は40代が一番高く、36.5%となっています。

女性は、70歳以上が一番高く、23.8%となっています。

男性は、30代~40代が一番太りやすい時期のようです。

年齢を重ねるにつれて筋肉量や基礎代謝量は低下していきます。

しかし、若い頃と変わらない食生活を続け、運動もせずにいると、どんどん脂肪がたまってしまうようです。いわいる「中年太り」の時期に突入してしまうのです。

女性は、更年期になると、徐々に太りやすい体質になっていくようです。

そのままの生活を送っていると、自然と肥満体型になってしまうようです。

この肥満率の結果は、ちょうどいびき率とも比例するようです。

中年男性が一番いびきをかきやすいと言われています。

 

なぜ、肥満がいびきの原因になるの?

説明

肥満体型の方の場合は、首回りに脂肪がついていることが多いです。

これにより、上気道が狭くなりやすいのです。そして空気の通りが悪くなり、いびきが引き起こされるようです。

太っている方は舌にも脂肪がつくそうです。

これは、気道を塞ぎ、空気の通り道を狭くしてしまうので、いびきの原因になるとされています。

また、太っていると、太っていない方よりも、より多くの酸素を必要とするようになります。

太っている方のほうが、多くのエネルギーが必要になり、脂肪を燃焼させるための酸素消費量が多くなるんだそうです。

通常以上の酸素が、狭い気道を通り抜けようとするために、空気抵抗が大きくなって、大きないびきをかくようになるようです。

さらに気道が狭くなっていき、気道が塞がってしまうと、無呼吸の状態が引き起こされてしまうのです。

 

肥満によるいびきの対策は?

対策

肥満が原因でいびきが引き起こされているのであれば、とにかく体重を減らす努力をするのが一番の方法です。

肥満は、いびきだけではなく、健康的にも、見た目的にも良いことは一切ありません。

いびきを自覚したのであれば、ぜひ肥満対策を実践してみてください。

しかし、極端な食事制限や激しい運動は、かえって体にストレスを与えてしまうので、好ましくありません。自分なりの方法で、無理なく実践することが大切です。

そこで、肥満によるいびきをケアするための、簡単な方法をご紹介したいと思います。

 

食生活の改善

厳しい食事制限をしなくても、改善できる方法はあるようです。

肥満が原因でいびきをかいてしまう方におすすめの方法が、食べる時に、しっかり、何回も噛むということです。

あごの筋肉を意識して使うことにより、首回りの脂肪がケアできるようです。

また、よく噛んで食べることは満腹感を得られるので、食べすぎないという効果もあるようです。

 

ストレッチ運動

毎日かかさずジョギングをしたり、ジムへ行くことができるのであれば良いのですが、時間に余裕がなかったり、激しい運動は苦しいという方が多いと思います。

そこで、おすすめなのが、寝る前のストレッチです。

お風呂上りにゆっくりと適度な運動をすることは、肥満解消にとても効果的です。

さらに、寝る前にストレッチをすることにより血行が良くなり、自然と心地よい眠りにつけるようになるでしょう。

 

以上、いびきと肥満の関係について見てきました。

年をとるにつれて、肥満の問題はどんどん増えてくるようです。

若い頃と同じ生活を送っていてはダメなんですね。

そして、この肥満はいびきの大きな原因と言われています。

いびき予防のため、健康、美容ために、軽やかな体を目指したいですね。

 

 

いびきサプリメント

いびきケアサプリメント3選

いびきケアサプリメントはいびき防止グッズやトレーニングといった面倒な事をしなくても良い所が魅力の一つ。その魅力も有り今ではサプリメントが大人気。ただ数あるいサプリどれを選べばよいかわからないといった方の為に当サイトが厳選した3つ紹介中。